あたかもオタクじゃない

『え~オタクに見えない!』を糧に、日々自分磨きをして気づいたことやメモをしていきたいです。やや根暗でごめんなさい。

下品なロリータと上品なロリータ

 マリオカート8DXが発売されまして、
WiiUを持っていなかった私としてはもう
ここが現世の桃源郷か・・・状態

あれ、私うまくない?
全然コースアウトしなくない?
とか思ってたんだけど、

今回からアシスト機能がついてるらしく
落ちないように誘導されてました

案の定その機能外したら落ちました

これがペーパードライバーの宿命・・・!

(そーのー血ーのーさーだーめー)


今日は何について話すか悩んでいたんですけど、
 

ファッションやメイクに共通するお話をします。

 

色々なファッションが世の中にはありまして

コンサバやモードやら、

ゴスロリやらパンクやら、

 

どんな格好をするにせよ

気をつけてほしい点があります

 

それは『品』です

 

決して高級感を出せとか、

お嬢さまみたいな服じゃなくていいんです

 

何より『下品』になることを

拒んでください

 

私も昔はよく、

ミニスカだの、肩出しだのしてましたが、

その時によく兄に言われてました

 

 

『本当に品がないな』と。

 

当時は「兄には女性のファッションは分からないさ!」と

無視していましたが、

 

少しずつ大人になるにつれ、

言っていることが分かるようになってきました

 

 

例えばですが、

同じミニスカをはくとしたときに、

 

A:ミニスカと黒タイツ

B:ミニスカと生足

 

Bが許されるのは

余程可愛いか、素足が綺麗か、若いか

のどれかなんですよ

 

というか、

生足よりもタイツの方が萌えるんです

(個人的に)

 

ダメ恋の深キョン見てくださいよ

はぁ、かわいい!!

 

という感じで、

若さは武器なのでいいんですが、

それで推しキャラのお母様に会えるのかと

聞かれたら私は無理ですね

 

今その格好で、

推しキャラの友人と会ったときに

好印象を抱いてもらえるか、と

考えてみてください

 

また、私自身はしないんですけど、

ロリータ系の服を着てる人を見るのは好きでして、

ただ見ていると、

やっぱり本当にロリータ系のファッションが好きな人は、

同じロリータ系ファッションだとしても、

『品』があって美しいんですね

 

メイクなんかも、

はいただリップを塗りましたー

ではなくて、

少し艶のあるお人形さんらしさ、

精巧な美しいなにか、を

表現できていると感動します

 

マスカラバッサバサーよりも

上から除くとセパレートの美しいまつげが、

少し顔に影を落とすアンニュイな感じ・・・

 

やっぱり大きな差があると思います

 

 

またこれの利点として、

自身の『品』の基準を保つと

同じ『品』の基準をもつものが

集まりますからね

 

普通の人として生きやすくする為にも

自身の基準としての『品』を保ちましょう

 

 

何より『品』のある格好に慣れておかないと

 

おじさん、おばさんになったとき、

若さという武器がきかなくなったとき、

 

助けてくれるのは『品』のある格好だと思います

 

露出するなと、

言っている訳ではありません

 

 

ただ下品な格好でダサいよりも、

『品』のあるダサさの方が

私はウケが良かったという経験談でした

 

(今回の記事は賛否両論ありそうです・・・)