あたかもオタクじゃない

『え~オタクに見えない!』を糧に、日々自分磨きをして気づいたことやメモをしていきたいです。やや根暗でごめんなさい。

推しキャラの隣を歩けるのか

容姿に気をつけるオタクには

きっと共通認識があると思います。

 

また容姿にあまり気を使わないオタクも

この記事を読んで、

『少しは気を使おう』となれば、

とても嬉しいです。

 

容姿に気を使う三つの理由として

①推しキャラのお母様に認められる女性になりたいから

 

②周りの知人レベルの人に『オタクだから』ブス、『オタクだから』ダサいと思われたくないから

 

③ちょっとお洒落なお店に入る時に、気を強くもちたいから

 

今回はこの①「推しキャラのお母様に認められる女性になりたいから」を説明いたします。

 

①はとても大切なことです。

私の推しキャラの1人にHQ!!の東峰旭くんがいます。

彼は高校生にして、

並々ならぬ優しさと深い愛を持つ素敵な人で、

本当に輝かしい方なのです。

 

しかしここで夢豚の私が警告します。

 

『今のお前は彼の隣を歩けるのか』

『旭きゅんのお母様から、

結婚を認められる女性になれているのか』と。

 

夢小説は素敵です。

読んでいて、嫌な現実も忘れ、

まるで初恋のようなときめきを感じます。

 

夢小説の中のヒロインは

すれ違うだけで良い香りがしたり、

風が吹くと髪がサラリとそよいだり、

初めての私服デートで彼をドキッとさせたり・・・

 

なんてかわいいのだろう。

 

しかし突然携帯の電池が切れた時に、

突然インカメが起動した時に、

映る自分の顔に絶望しました。

 

どブスか、と。

 

もしも彼が逆トリップしてきたときに、

私は彼に会うことなどできないと思った瞬間に、

容姿を磨く決意をしました。

 

全ては推しキャラの為です。

全ては旭さんとの結婚のためです。

 

本当は諦めていました。

夢小説の主人公にはなれないことぐらい、

分かっていました。

 

でも、そうではないのです。

 

一流の社長を目指す者は

まず一流のスーツと一流の時計を揃えるそうです。

 

では夢小説の主人公になりたいのなら!

素敵な容姿と、素敵な立ち振る舞いを身につけましょうよ!

 

旭さんと結婚しましょうよ!

(東西でくっつくならそれもよし!)

 

ということで、

容姿を磨くのはまず何よりも、そう、

大好きな彼のためなのです。

 

推しキャラへの愛は、

全ての女性を救います。

 

以上、どんべえ。