あたかもオタクじゃない

『え~オタクに見えない!』を糧に、日々自分磨きをして気づいたことやメモをしていきたいです。やや根暗でごめんなさい。

オタクとお洒落の両立

当たり前ですが、

本当に普通の人なのでお洒落とか分からず、

中学生の頃は漫画Black Catにはまりすぎて、

厨二病にかかりすぎて)

 

黒!チェーン!かっこよすぎる!

 

と今プリクラを見返すと、とても死にたい。

 

高校時代は女子高へと進学し、

制服の恩恵から私服も適当に。

(強いていえばテニミュが好きすぎて、

全身青とか全身黄色とかまるでピクミン

 

そんな中、共学の大学に進学すると、

お洒落とか本当にもう無理でして。

 

でも周りを見渡すと、

お洒落が必修科目だったの?レベルで皆お洒落で。

他の方は違うと思うんですけど、

根暗な私は共学におけるヒエラルキーを感じ取ってしまいました。

 

意外と皆人の格好を見てる気がします

 

(大学は今までの交友関係とちがい、

広く浅くになってしまうからでしょうか)

 

そんな折、救世主があらわれました。

 

同じ学科のTちゃんです。

 

彼女とはオタクということを明かさぬまま、

友達となり、2人で夜道を歩きながら、

「実は歌い手が好きで・・・」

『私も・・・!』と意気投合。

 

今では親友レベルの仲の良さですが、

彼女の何がすごいってとてもお洒落。

 

あれ?オタクってお洒落になれるの?

と、カルチャーショックを受けました。

 

彼女のおかげで大学4年間で何とか

外見を磨くことができたので、

ここにTちゃんへの感謝の気持ちをしるします。

 

本当にありがとう!

 

そんなこんなで気づいたことを、

次からメモしていきます。

 

以上、どんべえ